1. HOME
  2. 理念

理念

当院はキリストの精神に基づき、
惜しみない親切と愛をもって医療を行うカトリックの病院です。
私たち看護部はこの理念に沿って、患者さまに心の通った看護をご提供することを大切にしています。
そのために、看護師一人ひとりが自分の仕事に自信と誇りを持てる教育、
職種に関わらずスタッフ全員が力を合わせて高め合える環境を実現しています。
地域の人々のため、そしてあなた自身のために。あなたが抱く看護の理想は、きっとここにあるはずです。

CARITAS CHRISTI OMNIA VINCIT キリストの愛はすべてに強し

病院玄関に掲げられたレリーフには、
ラテン語で「キリストの愛はすべてに強し」と書かれています。
これは、13世紀イタリア・アシジの聖フランシスコの精神をあらわしたものです。
聖フランシスコは、病に苦しむ人、恵まれない人のために自らを捧げて働きました。
姫路聖マリア病院は、この聖フランシスコの生き方に従って、
病める人々への奉仕を目標としています。

メッセージ

聖フランシスコ会には、急性期病院、地域包括病棟、医療型重症心身障害児・者施設、
老人保健施設、訪問看護ステーションがあります。
このような様々な施設で経験を積むことで、総合力の備わった看護職を育成していきます。
また、卒後臨床研修制度では4年間を研修期間と設定しており、
隣接する姫路メディカルシミュレーションセンター「ひめマリア」での
スキルトレーニングや様々な設定・シナリオのシミュレーション研修を行い、
皆さんを看護のプロフェッショナルに育てます。

看護部長 沢田洋子

このページのトップへ戻る